実際の体験談をご紹介

無利息でお金を借りられました。(女性/30代)

女性/30代

私は大学生の時に初めてキャッシングサービスを利用しました。

当時、飲食店でのアルバイトや親からの仕送りなどでなんとか生計を立てていました。

しかし、加入しているサークルでの飲み会、授業で使う教科書代、
遊びのための交通費などでお金が足りなくなってしまいました。

頑張って自分のために働いている両親にお金が足りないと言えず、また友人にお金を借りるのも申し訳ないです。

そんな時に出会ったのが、低金利でお金を借りられるキャッシングサービスでした。私と同じようにお金に困っている友人に紹介されたのですが、最初は借金地獄に巻き込まれるのではと心配で怖かったです。

しかし、友人の説明によれば、低金利である上にちゃんと返済すれば、すごく便利だと言われました。

それで、試しに利用してみようと思ったのです。
キャッシングカードの作成はお店で行いましたが、想像以上に簡単にできて驚きました

学生証の提示、書類への記入、審査という流れで短時間でカードをもらえました。
そのカードを使ってお金を自由に借りられるということです。

私が利用したプロミスというキャッシング会社は、30日以内に返済すれば無利息でお金を借りられます。

最初は恐る恐る5万円ほど借りて、毎日の生活に必要な経費に使いました。
それで、30日以内に返済したところ、本当に利息の負担がなくて驚きました。

こんなに便利なサービスがあるなら、もっと早く知りたかったと感じたほどです。

当時のお金がない大学生だった私にとって救世主的な存在でした。
キャッシングサービスは、お金を借りていることを誰にもバレずに利用することができます

すぐに返済すれば利子もなくて便利なので、どうしてもお金が必要になった時におすすめです。

数あるカードローンの中でも、低金利で口コミ評価の高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. 三菱UFJ銀行

    口座開設不要でATM手数料無料、最短翌営業日に借入可、パート・アルバイトでも申し込みOK

  3. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい

その他の体験談

よくある質問

キャッシングって安全ですか?

キャッシングはお金を借りる=借金ということですから、多少なりとも不安に感じることがあるかもしれません。

でも、「借りたお金を返す」という基本はクレジットカードの分割払いや車のローン、住宅ローンと同じです。

確かに、返済のあてもないのに多額のお金を借りたり、
「キャッシングすればいいや」と安易に考えてしまうのはよくありません。

しかし、できるだけ低金利のキャッシングサービスを利用して、「翌月のお給料で返せる分だけ借りる」
「毎月○○円返済する」という計画を立てて守っていれば、決して怖いものでも危ないものでもありません

いくらまで借りることができますか?

総量規制という法律により、個人が借りられる金額は年収の三分の一までと決まっています。

借り入れを申し込むと、キャッシングの会社ではその会社の基準やその人の信用情報を見て、
勤務先・収入・他の借金などの情報から「この人にいくらまで貸せるか?」の審査して貸付額を決定します。

ですので、他に借金をしている人は新たな借り入れを断られることもあります。

ただし、銀行でローンを組む場合は「総量規制」は適用されません。
消費者金融系やクレジットカード系よりは低金利ですが、その分審査に時間がかかりますし、審査基準も厳しいです。

もし過去の借入状況に問題がなくて、時間に余裕がある場合は銀行系から申し込みや相談をしてみても良いかと思います。

職場に電話がかかってくるって本当ですか?

いくら低金利キャッシングとは言え、在籍確認の電話で職場の人にバレるのは嫌ですよね。

申し込み者本人がきちんと会社に在籍しているかどうか、会社に電話をかけて確認されることがほとんどです。

貸付には安定した収入があることが前提なので、申し込み時に書いた会社名や電話番号は間違っていないか?
虚偽はないか?という確認のために電話がかかってきます。

ただ、「○○(個人名)ですが**さんはいらっしゃいますか?」といった感じで個人名でかけてきて、
本人が出たところで初めてキャッシング会社の名前を出すので、電話を取り次いだ人にバレることはありません

また、本人が電話口に出られなくても「ただいま席を外しております」「他の電話に出ております」と、
職場の人が伝えてくれればそれで在籍確認はOKという場合も多いです。

とにかく申し込み者本人がその会社に本当に勤めていることが確認できればいいわけですね。

正社員じゃなくてもキャッシングはできますか?

一般的には正社員で安定した収入がないと、お金の借り入れはできないと思われているかもしれません。

ただし今の時代、パート・アルバイト・派遣社員などの非正規雇用者の数も多いので、
一概に正社員でなければいけないというわけでもありません

ある程度の低金利でお金を貸すキャッシング会社としては、きちんと返済能力があって安定した収入があることを重要視します。

短期間でアルバイトを転々と繰り返している場合は難しいかもしれませんが、
1年以上同じ職場に勤めている場合などは借り入れができる可能性がありますので、申し込みや相談をしてみましょう。

低金利でお金を借りるにはどうしたらいいの?

お金を借りる上で金利がかかるのは仕方がないかもしれませんが、できれば低金利で借りたいですよね。

「1週間以内なら無利息」「30日以内なら無利息」といった短期間なら、
無金利でキャッシングができるケースがあります。

給料日まであと数日だけどお金が足りないとか、今月は出費がかさんで来月までもたない・・・という場合には非常に便利ですね。

ただし、初めて借りる1回目だけ適用になる会社と、きちんと返せば
2回目以降も繰り返し適用される会社がありますので、2回目以降利用される場合は注意しましょう。

また、審査は多少厳しくても消費者金融系より銀行系の方が低金利です。

過去の借入や返済に問題がない場合はまずは、銀行系から申し込んでみると良いでしょう。

返済が遅れそうな時、遅れてしまったときはどうすればいいの?

基本的にキャッシングで借りたお金の返済は、何があっても遅れないように心がけましょう。

遅延が何度が繰り返されると「この人は借りたお金をちゃんと返さない人」という烙印を押されてしまい、
いわゆるブラックリスト扱いになってしまう可能性があります。

その会社でブラック扱いになってしまうと、今後他の会社や銀行でもお金を借りることができなくなりますし、
車のローンや住宅ローンが組めなくなってしまうかもしれません。

本当にどうしようもなくて今回だけ・・・ということであれば、勝手に遅れるのではなく、
借入先の会社に電話をして遅れることと返済できる日を伝えたほうが良いでしょう。

1回でも許されないかもしれませんし、1回なら許されるかもしれませんし、
正確なことは分かりませんが放置する人ときちんと連絡をする人とでは印象が違います。

多くの場合、返済日に銀行引き落としができなかったり、
指定の口座に振込がなかったりすると、すぐに借入先の会社から電話がかかってきます。

催促されるのが嫌だからと無視をしているとそれも悪い印象になりますので、
自分から電話することを忘れていた場合でも、きちんと出ていつ返済できるかを伝えましょう。

月に何社まで借入できますか?

キャッシング会社の基準もありますが、一般的には個人の「信用情報」を元に貸すか?貸さないか?を判断しています。

信用情報は銀行やカード会社、金融業者が見ることができるものなので、その人がどこでいくら借りているか一目瞭然なのです。
また、申し込みをしたけど通らなかったという情報も載っています。

月に何社も借り入れを申し込んでいる人は、「お金に困っているのかな?」
「ちゃんと返済してもらえるか不安だな」と判断されてしまうので、審査が通らないケースも出てきます。

借り入れの総額により判断されるケースももちろんありますが、一気に100万円とか短期間に何社からもとか、
「お金に困っている印象」を与えてしまうと、今後良くない状態になる可能性もありますので注意しましょう。